やる気が出ない時のちょっとした小技集

6587b21dd214e0c2c4816092a2be9077_s

受験勉強ってつらいし、勉強するより遊ぶ方が好き。
それはみんな同じです。

「遊びたい」という気持ちをどうコントロールできるかが、受験勉強で失敗しないためのカギとなります。
自分にとってストレスの少ない方法で取り組めるとなおいいですね。

私がやっていたリフレッシュ法を、いくつかご紹介します。
とてもシンプルなものばかりなので、皆さんに合うものもきっとあると思います!

1.勉強するページを開いて机に置いておく

机の上に勉強するページを開いて問題集を置いて、ノートとシャーペンも出しておいて、椅子に座ったらすぐ勉強できるようにしておきます。

本棚にしまった状態だと、本を出して、ノートを出して、筆記用具を取って・・・という準備をしないと勉強できません。
勉強したくないときだと、その作業がとてつもなく面倒になるものです。

夜寝る前とかに、次の日に勉強するのに必要なものを準備して出しておくと、ハードルが下がって勉強しやすくなります

2.1問だけ解いてみる

たくさん勉強しなくちゃ!!! と思い詰めてしまうと、かえって心が重くなるものです。
始めるときは「まず1問解いてみよう」という軽い気持ちで机に向かうようにしましょう。

受験勉強って、始めるまでがハードルが高いですが、一度始めてしまうと、それなりにやる気が出てくるものです。
その最初の一歩が踏み出せればいいのです。

だから、ムリに大きな野望をかかげる必要はありません。
「まず1問やろう」、小さい課題を持って、気軽に机に向かえるようにしましょう。

3.箇条書きノルマを消していく

1日にやるべきことを紙に箇条書きします。
それで、できたら線を引いて消していきます。

そうすると、やらないといけないことが減っていくのが目で見て分かるので、「あともう少しだ、がんばろう」という気になりやすいです。

4.いろんな科目をやる

今日は国語をやる! とか、今日は数学をやる! とか決めて、1日中ずっとその勉強ばかりしてると飽きてきます。
それよりも、1日をいろいろな教科で区切り、どんどん科目を変えて勉強したほうが、飽きにくいでしょう。

>> 大学受験では勉強法の"効率"が差をつけるカギ!