勉強時間のノルマは?

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

1日○時間の「ニセの達成感」に注意!!

受験勉強で一番ありがちな失敗勉強法は、「勉強時間で受験勉強の計画を立てる」ということです。
「1日○時間勉強する」あるいは「1日○時間は英語、○時間は数学の勉強をする」という風に、1日にやらなければいけないことを、時間で割り振ってしまっています。

「1日5時間勉強する」と決めれば、例えば、午後1時~午後6時まで机の上に座っていれば目標を達成できます。
でも、座っているだけでは「大学合格」という真の目標は達成できません。
1日5時間机の上に座っていて、ずーっと集中力を途切れさせずに問題を解き続けていることができますか?

それなのに、「1日○時間勉強する」と決めてしまうと、あらかじめ決めた時間に机の上に座り続ければ、「よくやったなあ」と妙な達成感を得てしまうもの。これは危険です。
ニセの達成感だけあって、その実、勉強は進んでいないのです。
じゃあ、なにを基準に受験勉強していけばいいのでしょうか?

受験勉強は具体的な範囲を設定する

1日の勉強計画は進度で決めましょう。

「1日○時間」という時間で計画を立てるのではなく、「この日はこの問題集の○ページ~○ページまでをやる」という風に処理する具体的な内容を決めて取り組みます。

私の場合は、昨日の復習と、今日やる教科のそれぞれの問題集の範囲で決めていました。
問題集の項目ごとに設定して順にこなしていくと、頭の中を整理しやすかったです。

それと、毎日、最初に前日の復習をしてから、次のページを解きます
勉強しっぱなしだと忘れてしまいやすいのですが、次の朝もう1度復習すると学習内容が身に付きやすいです。

1か月単位で受験勉強計画を決める

私は、その日その日で計画を決めるのではなく、1か月単位くらいで計画を決めて、設定した各日のノルマをこなしていきました。

1日単位で決めると全体が見えなくなるし、1年単位で決めてしまうと微調整しづらくなります
1か月あるいは数か月単位で決めるといいですよ。

決めた内容はGoogleカレンダーに入力しておいて、朝起きたらスマホで今日の勉強予定をチェックして勉強開始! という風にやっていました。
スマホで週ごとの予定をすぐ確認できるし、今日やらないといけないことを通知してくれるので、Googleカレンダーは是非うまく使ってください

ノルマが終われば早く遊べる

その日に決めた勉強の内容がこなせたら、その日は勉強おしまい! あとは好きなことをします。

学校から帰って来て5時から勉強して7時でノルマ達成したら、その後はまるまる遊びに使えると思うと、不思議と集中力が上がって勉強の精度も上がりましたね
不毛な理由からではありますが、終わりよければ全て良し。

>> 大学受験では勉強法の"効率"が差をつけるカギ!