科目別勉強法 ~国語編~

b783d3b5e43750e66408d7022f8799fb_s

大学受験の国語勉強法は論説文の解き方を知る

大学受験の勉強法で国語は、論説文の参考書を読んで「解き方のコツ」をまずマスターしましょう。

論説文というのは形式が決まっています。
論説文とは理論的に読者を説得することを目的にして書かれていますから、最も説得しやすいとされる定型を外して書かれることは、そうありません。
最初に序論を置いて、最後に結論を書くとか、そういう決まりがあります。

朝日新聞の「天声人語」に凝縮されたロジックです。
だからそれを知ることで点数を上げられます。

小説は自分勝手に想像して読まないことが大事です。
なるべく自分の感情を抑えて、機械的に読むことで、問いに対する正しい答えを引き出せるようになります。

大学受験の国語勉強法は漢字を捨て置く

国語の勉強というと、とにかく幹事練習から始めようとする人がいますが、これは避けます。
大学受験で国語の勉強法として、漢字は一番捨て置かれるところです。
なぜかというと、勉強範囲が膨大で、どこまで勉強すればいいのかつかみにくいからです。
また、覚えるのに時間がかかるわりにはすぐ忘れてしまいます。

苦労して覚えても、漢字の配点はわずかです。
過去問を見てみれば分かりますが、漢字を書かせる問題は3問程度です。
1問2点ほどしか配点がなく、全問正解でも6点です。
しかも、その6点を全て正解するのは難しいです。

漢字は「6点取れればラッキー」の世界

国語の問題で出題される漢字3問にはそれぞれ意味合いがあります。
1問目は誰にでも正解できる簡単な漢字。
2問目勉強すれば正解できる漢字。
3問目は誰も正解できないような漢字。
このような構成になっています。

頑張っても4点しか取れないし、勉強しなくても2点は取れるのです。
6点取れたらラッキーだね、運が良かったねという世界です。

こういうものに関わっていたら、時間のムダです。

それならより配点が多く、より少ない努力で点を上げられる論説文あるいは小説のほう(記述とか)に力を入れるべきでしょう。

>> 大学受験では勉強法の"効率"が差をつけるカギ!