科目別勉強法 ~国語編~

大学受験の国語勉強法は論説文の解き方を知る

大学受験の勉強法で国語は、論説文の参考書を読んで「解き方のコツ」をまずマスターしましょう。

論説文というのは形式が決まっています。
論説文とは理論的に読者を説得することを目的にして書かれていますから、最も説得しやすいとされる定型を外して書かれることは、そうありません。
最初に序論を置いて、最後に結論を書くとか、そういう決まりがあります。

朝日新聞の「天声人語」に凝縮されたロジックです。
だからそれを知ることで点数を上げられます。

小説は自分勝手に想像して読まないことが大事です。
なるべく自分の感情を抑えて、機械的に読むことで、問いに対する正しい答えを引き出せるようになります。

大学受験の国語勉強法は漢字を捨て置く

国語の勉強というと、とにかく幹事練習から始めようとする人がいますが、これは避けます。
大学受験で国語の勉強法として、漢字は一番捨て置かれるところです。
なぜかというと、勉強範囲が膨大で、どこまで勉強すればいいのかつかみにくいからです。
また、覚えるのに時間がかかるわりにはすぐ忘れてしまいます。

苦労して覚えても、漢字の配点はわずかです。
過去問を見てみれば分かりますが、漢字を書かせる問題は3問程度です。
1問2点ほどしか配点がなく、全問正解でも6点です。
しかも、その6点を全て正解するのは難しいです。

漢字は「6点取れればラッキー」の世界

国語の問題で出題される漢字3問にはそれぞれ意味合いがあります。
1問目は誰にでも正解できる簡単な漢字。
2問目勉強すれば正解できる漢字。
3問目は誰も正解できないような漢字。
このような構成になっています。

頑張っても4点しか取れないし、勉強しなくても2点は取れるのです。
6点取れたらラッキーだね、運が良かったねという世界です。

こういうものに関わっていたら、時間のムダです。

それならより配点が多く、より少ない努力で点を上げられる論説文あるいは小説のほう(記述とか)に力を入れるべきでしょう。

科目別勉強法 ~英語編~

大学受験の英語は単語熟語を毎日勉強

大学受験の勉強法で英語は、単語と熟語が命です。
どれだけ単語力があるかが、ダイレクトに点に反映します。
だから毎日勉強しましょう。

単語帳はどれを選んでもかまいませんが、夏までに4,000語は覚えておきたいです。
高校で習った単語熟語だけではなく、中学英語から見直しましょう
中学で習う、かんたんな単語ほど、さまざまな意味を持つ単語はありません。

模試を受けると単元ごとの正答度が分かるので、弱点単元を中心に問題集を解きます。
チャート式の参考書だと、単元ごとの勉強がしやすいです。

受験科目の配点を見て勉強法を決める

英語はあらゆる受験で重要視されていますが、その中でも各学校で「とりわけ重要視」されて大学があるので、そのへんもチェックをして、取り組むべきです。
「とりわけ重要視」されている場合は、より一層勉強に力を入れるべきなのはいうまでもありません。

その大学が英語を「とりわけ重要視」しているかどうかは、受験科目の配点を見れば分かります
「英語200点、国語100点、社会100点」というような配点だったら、英語を重視しているということの現れですから、他の教科の2倍、英語の勉強に注力すべきです。

国語で総得点を増やせば帰国子女に勝てる

また、逆のことを言うようですが、国語も力を入れるべきです。

なぜなら、英語の配点が多い大学は、英語圏の帰国子女にとって有利なので、帰国子女の受験者が多い傾向があります。
当然、英語はペラペラなので、彼ら並みに英語で点を取るのは難しいですが、帰国子女は国語(日本語)が不得意なので、国語で配点を取り返すという方法もあります。

帰国子女は海外で現地の学校もしくはインターナショナルスクールに通いつつ、日本語学校にも通っているので、いちおう読み書きはできますが、これまでの人生をずっと日本で過ごしてきた私たちに比べれば、日本語力はずっと弱いです。
知っている漢字は少ないです。
だから、英語に一番力を入れつつ、国語も底上げすれば、両方でならすことで勝てます。

「英語200点、国語100点、社会100点」という配点なら、まず英語に力を入れ、次に国語、最後に社会という風に割り振ると良いでしょう。

やる気が出ない時のちょっとした小技集

受験勉強ってつらいし、勉強するより遊ぶ方が好き。
それはみんな同じです。

「遊びたい」という気持ちをどうコントロールできるかが、受験勉強で失敗しないためのカギとなります。
自分にとってストレスの少ない方法で取り組めるとなおいいですね。

私がやっていたリフレッシュ法を、いくつかご紹介します。
とてもシンプルなものばかりなので、皆さんに合うものもきっとあると思います!

1.勉強するページを開いて机に置いておく

机の上に勉強するページを開いて問題集を置いて、ノートとシャーペンも出しておいて、椅子に座ったらすぐ勉強できるようにしておきます。

本棚にしまった状態だと、本を出して、ノートを出して、筆記用具を取って・・・という準備をしないと勉強できません。
勉強したくないときだと、その作業がとてつもなく面倒になるものです。

夜寝る前とかに、次の日に勉強するのに必要なものを準備して出しておくと、ハードルが下がって勉強しやすくなります

2.1問だけ解いてみる

たくさん勉強しなくちゃ!!! と思い詰めてしまうと、かえって心が重くなるものです。
始めるときは「まず1問解いてみよう」という軽い気持ちで机に向かうようにしましょう。

受験勉強って、始めるまでがハードルが高いですが、一度始めてしまうと、それなりにやる気が出てくるものです。
その最初の一歩が踏み出せればいいのです。

だから、ムリに大きな野望をかかげる必要はありません。
「まず1問やろう」、小さい課題を持って、気軽に机に向かえるようにしましょう。

3.箇条書きノルマを消していく

1日にやるべきことを紙に箇条書きします。
それで、できたら線を引いて消していきます。

そうすると、やらないといけないことが減っていくのが目で見て分かるので、「あともう少しだ、がんばろう」という気になりやすいです。

4.いろんな科目をやる

今日は国語をやる! とか、今日は数学をやる! とか決めて、1日中ずっとその勉強ばかりしてると飽きてきます。
それよりも、1日をいろいろな教科で区切り、どんどん科目を変えて勉強したほうが、飽きにくいでしょう。

大学受験ツール・アプリを賢く使い分ける!

予備校に通って受験勉強は時代遅れ?

さあ大学受験の勉強を始めましょう、と思ったら最初にすること。
それは多くの場合、「塾さがし」だったりします。
大手予備校、中堅大学受験塾、集団指導に個別指導、選び方はいろいろあります。

しかし、大学受験の効率的な勉強法を考えたとき、これらいずれかへの「塾通い」が、かえって非効率になる可能性がある、ということも知っておくべきでしょう。

無料で受験勉強できるツールが、今はネット上にたくさんあるし、そういうものをどんどん活用していくべきです。
そうすれば、時間と費用をずっと節約できて、効率的に勉強できます

割安料金で有名講師の講義が聴ける

たとえば、私が受験生のときによく使っていたのが「スタディサプリ」というサービスです。

リクルートがやっている受験サービスで、有名講師の講義が視聴できて、それはお金がかかるのですが(月額980円税抜)、大学入試過去問やセンター問題集、センター模試、受験勉強に使えるテキスト、暗記カードが無料でダウンロードできます。
大手予備校に通ったら月額10万円はかかるところが、スタディサプリなら月額980円だけですみます。

完全無料にこだわるなら「manavee」がおすすめ。

難関大学の学生の講義動画が無料で視聴できます。
「スタディサプリ」が有名予備校で実績のある専任講師なのに対し、「manavee」は大学生による講義ですから、その点を心配に思う人もいるかもしれません。
でも、大学生の講義だから、私たちと年齢も近いし、フィーリングが合うというか、理解しやすいのです。
そうそう、こういうところをもっと知りたかったんだよ、みたいなところに手が届く授業です。
優しくて頭のいいお兄さん、お姉さんが教えてくれるので、楽しいです。
「manavee」は動画なので、テキストや問題集は自分で別途、買わないといけません

あるいは「mana.bo(マナボ)」のように、ネット経由で大学生チューターに分からない問題を解説してもらえるサービスもあります。

これらを複合させて、スタディサプリやmanaveeで講義動画を視聴して、その後すぐにmana.boで質問するというように、「塾通い」無しで同等の勉強ができる新しい効率的な勉強法として、ネットサービス利用が広がっています。
通信教育なので当然、塾に比べると圧倒的に費用を抑えられます

ネットの欠点は「サボっても叱られない」こと

ただ、予備校に通わず通信教育だけで大学受験しようとすると、背中を押してくれる指導教員がいないので、自分の意志でしっかり勉強を進めていける、自己管理が必要になってきます。
確認テストを実施すると誰も言わないし、サボっても誰も怒りません。

なので、自己管理にちょっと自信が無いという人は、
「予備校に通いつつ、講義動画ツールを併用する」
「専属のチューターと定期的に勉強の進捗を面談してもらえる通信教育を選ぶ」

といった工夫をするといいでしょう。

勉強時間のノルマは?

1日○時間の「ニセの達成感」に注意!!

受験勉強で一番ありがちな失敗勉強法は、「勉強時間で受験勉強の計画を立てる」ということです。
「1日○時間勉強する」あるいは「1日○時間は英語、○時間は数学の勉強をする」という風に、1日にやらなければいけないことを、時間で割り振ってしまっています。

「1日5時間勉強する」と決めれば、例えば、午後1時~午後6時まで机の上に座っていれば目標を達成できます。
でも、座っているだけでは「大学合格」という真の目標は達成できません。
1日5時間机の上に座っていて、ずーっと集中力を途切れさせずに問題を解き続けていることができますか?

それなのに、「1日○時間勉強する」と決めてしまうと、あらかじめ決めた時間に机の上に座り続ければ、「よくやったなあ」と妙な達成感を得てしまうもの。これは危険です。
ニセの達成感だけあって、その実、勉強は進んでいないのです。
じゃあ、なにを基準に受験勉強していけばいいのでしょうか?

受験勉強は具体的な範囲を設定する

1日の勉強計画は進度で決めましょう。

「1日○時間」という時間で計画を立てるのではなく、「この日はこの問題集の○ページ~○ページまでをやる」という風に処理する具体的な内容を決めて取り組みます。

私の場合は、昨日の復習と、今日やる教科のそれぞれの問題集の範囲で決めていました。
問題集の項目ごとに設定して順にこなしていくと、頭の中を整理しやすかったです。

それと、毎日、最初に前日の復習をしてから、次のページを解きます
勉強しっぱなしだと忘れてしまいやすいのですが、次の朝もう1度復習すると学習内容が身に付きやすいです。

1か月単位で受験勉強計画を決める

私は、その日その日で計画を決めるのではなく、1か月単位くらいで計画を決めて、設定した各日のノルマをこなしていきました。

1日単位で決めると全体が見えなくなるし、1年単位で決めてしまうと微調整しづらくなります
1か月あるいは数か月単位で決めるといいですよ。

決めた内容はGoogleカレンダーに入力しておいて、朝起きたらスマホで今日の勉強予定をチェックして勉強開始! という風にやっていました。
スマホで週ごとの予定をすぐ確認できるし、今日やらないといけないことを通知してくれるので、Googleカレンダーは是非うまく使ってください

ノルマが終われば早く遊べる

その日に決めた勉強の内容がこなせたら、その日は勉強おしまい! あとは好きなことをします。

学校から帰って来て5時から勉強して7時でノルマ達成したら、その後はまるまる遊びに使えると思うと、不思議と集中力が上がって勉強の精度も上がりましたね
不毛な理由からではありますが、終わりよければ全て良し。

模試の結果を信じちゃダメ?

大学受験勉強で模試は受けるべきだが・・・

はじめに断わっておきますが、大学受験の勉強法として自分の実力を測れる模試を受けるのは大切なことです。
でも、それにもかかわらず私は言いたい。

模試を過信してはいけません。

模試は本試験ではない

模試はあくまで模試であって、本試験ではありません。
模試でいくら良い点数を取っても、試験に合格するとは限らないのです。
模試は本試験をバーチャルに予想した問題であり、あまりにも一喜一憂するのはいけません。

ちなみに、私はある大学(MARCHレベル)を受験したとき、C判定(志望校を考え直しましょう判定)でしたが、受験してその大学に合格しました。
模試を受けたのは12月の時点でC判定を取って、それでも受かったので、「模試っていい加減だなあ」と思った覚えがあります。

C判定でも受かることがあるし、A判定でも落ちることがある。
模試ってそういうものです。

大学受験勉強では模試に振り回されない!

また、現実的なことを言うと、模試は実施する団体によってレベルが違うので、同じ学力の学生が受けても出る結果が違ったりします。

これは、それぞれの模試を受ける母数の学力レベルにより出る偏差値が変わるからです。
例えば、進研模試は高卒の人も受けるのでやさしめに結果が出ます。
駿台模試は難関私立や国公立を受ける人が中心なのできびしめに結果が出ます。

そういった事情も考えつつ、うまく模試と付き合っていくと良いのではないかと思います。
くれぐれも模試の結果に振り回されないように。

完璧を求めると失敗する?

満点を取らないと受からない!?

受験勉強をするときにありがちな失敗は、満点取れることを目標にしてしまうことです。

重要なのは、合格最低点よりも上回る点を取ることです。
満点を取れなくても合格できます。

満点とるのはすごくむずかしいですし、全科目満点を取ることは不可能です。

でも、合格最低点をクリアすることは不可能ではありません。
がんばってがんばって歯を食いしばって、満点を取って合格した人。
合格最低点を上回ることを目標にして合格した人。

どちらにしても同じ「合格者」です。
ならば、歯を食いしばってまでがんばる必要はありません。

大学受験勉強法は心的プレッシャーとの付き合い方にあり

また、完ぺき主義の人に限って受験に失敗しやすいものです。
なぜかというと、「満点を取ろう」と思うと心的プレッシャーがすごく重くなるからです。
たいていは、受験勉強の負荷というよりこの心的プレッシャーのほうにやられてしまいます。

合格最低点を突破するために計画を立てて実行している人は、そのへんの心的プレッシャーからは無縁なので、完ぺき主義者よりも合格しやすいのです。

大学受験勉強法でベストな目標点は?

合格最低点の115%を目標点に設定すると良いでしょう。

110%に設定してしまうと、その年の試験の難易度により、最低点がその点より上回ってしまうおそれがあります。
120%にしてしまうと、目標設定が高すぎて心的プレッシャーにさいなまれることになってしまいます。

115%というのがちょうどいいラインです。

受験勉強はいつから始める?

受験勉強は中1から始めよう!?

「大学受験に向けて受験勉強をいつから始めればいい?」という疑問に対しては、言ってしまうとミもフタもないのですが「早ければ早いほど良い」という答えになります。

一流の国立、私立大学への合格者を多く出している私立中高一貫などは、中学1年生の入学当初から大学受験のための勉強をしています。
1日7時間授業は当たり前(普通、6時間授業ですよね?)だし、宿題も山のように出て、夏休みなどの長期休暇にはみっちり補習がある(長期休暇なのに!?)のです。

中高一貫私立は先取り学習がすごい

中学の時点で、高校過程を先取りして勉強していたりします。
先取りすると、高校生の早い段階に大学受験で知っておくべき内容の授業はぜんぶ終わってしまうので、そのあとはまるまる、受験勉強のための授業に費やされます。

だから中高一貫私立は大学受験に強いんです。

受験勉強する大多数は高3からなので大丈夫!

このサイトを見た方が中学生なら「ようし、そろそろやらないといけないのか」とゆっくり腰を上げていただいていいのですが、私みたいに高校3年になってから「うそマジ!?、こんなに早く始めなきゃいけないの!?」と青くなってるような子は、時間的にどうみても足りません。

だから別の方法で取り組まないといけません。

私は小学校はもちろん、中学、高校、そして大学も全て国公立だったので、私立とは無縁に生きて来たクチです。
だから、私立がどういうことやっているかなんて知らなかったので、これを知ったときは焦りましたね。

でも大丈夫、落ち着いてください。
中学1年からやっている中高一貫の生徒なんて、受験生総数から見たらごくわずかです。
ライバルの大部分の数の高3生は「うそマジ!?」のカテゴリに属しているので、その中でごぼう抜きすれば、難関有名大学の合格枠には入れますよ。

ただ、高校3年生から勉強を始めるなら、取捨選択は避けられません。
受験教科が少ない志望校にして、その科目だけ勉強します。
出題傾向の分析と対策を立てて、取り組む単元を絞りこんで集中する必要があるでしょう。

効率的に合格を勝ち取る3ステップ

大学受験で一番大切なのは、実は勉強計画です。
やみくもに勉強していても、あるいはなんとなく勉強しても、本当の学力向上はできません。

きちんと計画を立てて、その計画を実行していく。
そうすればもっと広い視野で自分が見えてくるし、自分の強みをどう広げればいいのか、逆に弱点をどう克服すればいいのかが分かってきます。

ただ、目の前のことだけを見ていたのではこれができません。
だから受験当日に差が開きます。

受験計画は、
1.現状把握
2.目標設定
3.学習計画策定

という3ステップで進めます。

1.大学受験勉強法の現状把握

まず自分の現状を把握しましょう。
志望校が決まっているのならその学校の過去問を、決まっていなければセンター試験の過去問を、実際のテストと同じ条件で解いて何点取れるか確かめましょう。
それがあなたの現在の実力です。

2.大学受験勉強法の目標設定

現状が分かったら次に合格ラインを確認し、自分の目標点を決めます。
目標に達していないのならあと何点上げればいいのかを確認します。
予定した志望校の合格ラインを上回っていれば、考えられるさらに上の志望校を検討するのもこの段階です。

3.勉強計画策定

合格ラインまで点数を上げるための勉強計画を立てます。
勉強は参考書、問題集、過去問の順に取り組みます。

まず各教科の参考書を読み込んで内容を理解します。
多少わからないところがあっても、どんどん読み進めましょう。
全体の概要がつかめればオーケーです。
この時点で完ぺきに理解できなくてもいいのです。
参考書を丁寧にやりすぎて問題集を解く時間がなくなった、という事態にくれぐれもならないように。

次に問題集を解いて内容を記憶に定着させます。
参考書とは違い、完ぺきに理解できるまでやること。
問題を見た瞬間に解答が思い浮かぶくらいやり込みます。
できない問題は放置せず、むしろ集中的に取り組むこと。

最後に過去問です。
過去問は本番のための練習です。
過去問は、問題を解いて理解するためのものではありません。
「本番での時間感覚をつかむ」ためのものです。
制限時間どおりに取り組みます。
できれば実際の試験と同じ時間帯にやります。
時間が余ったら見直しをします。